ごあいさつ

祖国の命運

かつて幕末に弱体化する幕政を支え、後に斬首された幕臣 小栗上野介は「国を亡ぼすべきものありや。どうかなろう、という一言、これなり」と欧米列強に対する幕府の態度を、こう喝破していました。


今、日本を覆っている、どこかうわの空で「どうかなろう」「誰かがどうにかしてくれる」という気分は、まさしく小栗上野介が喝破した亡国の心理そのものではありませんか。
それは、我々日本人が「自らの運命と祖国の命運が軌を一にする」という紛れもない真理を忘れている証左だと思います。


かつて後に残る私たちを生かすために、黙々と戦地に赴き「自らの運命と祖国の命運が軌を一にする」という真理を貫いて非命に斃れていった人々のためにも、私たちは、いま一度、自らの生き方を日本人として自覚せねばならないと思います。
誰かが、どうにかしてくれる訳ではない。私たち自身が、自らの意思で、祖国日本の命運を担い、守っていかなければならないのです。

私は皆さんと共に、必ずそれが成し遂げられると思っています。

元衆議院議員 今村ひろふみ

新着情報

・2015年1月19日 ホームページを開設しました。

・2017年5月29日 チャンネル桜をリンクしました。[桜H26/7/10]  [桜H26/8/6] [桜H26/8/29] 

            [桜H27/12/16]

・2017年5月29日 その他動画をリンクしました。           『日本国民に告ぐ』  

            0403衆議院 海賊対処・テロ防止特別委

            0510衆議院 災害対策特別委    0523 衆議院 安全保障委

            1030衆院国家安全特別委           1029衆院国家安全特別委 

            1119衆議院 国家安全特別委

                    内閣委員会